新幹線駅

 

徐々に肌寒くなってきました。

今日は糸魚川市役所へ。

まちづくりサポーターズのメンバーと新幹線開通、世界ジオパーク再認定など交流人口増大のチャンスを適格に捉え、活性化を図るべき・・というような提案をしてきました。

まぁ、口で言うのは簡単ですが、なかなか難しいことではあると思いますが・・・。

新幹線開通に向けて私が危惧するのは、駅から能生、青海へのアクセスはどうするのか?? 「日本海に一番近い駅」を標榜していますが、この場合の「海」とはどこの海を指すのか??

糸魚川市内で、いい「海」とは親不知か能生あたり。糸魚川駅近くの海はテトラポットだらけ・・。どうせ見てもらうのならいい「海」を見てほしいです。

海産物を味わうにしても、やはり親不知か能生のほうが魚料理の店は多いです。

要するに、糸魚川で「海」を堪能するには移動しないといけないのです。その足をどうするか・・・よく考える必要があると思います。

まぁ、そんな話をした後、市庁舎6階から新築された新幹線駅が見える・・と聞いたので、見学に

ご覧の通り。あと1年4か月で開通・・・という雰囲気になってきています。

これを活かすべく、知恵を絞っていかないといけませんね!



アーカイブ

人気記事