こちらは楕円で・・・

 

丸いボールのワールドカップで日本チームのゲームがあった15日(日)、暇だった私はラグビー観戦三昧

まずは土曜日夜のオールブラックスVSイングランド。

イングランドの善戦が目立ちました。わずか2点差。来年の自国開催ワールドカップに向けて強化が進んでいるのでしょうか・・。最近は、スーパーラグビーをはじめ、南半球のラグビー放送を視る機会が多く、ヨーロッパラグビーはあまり注目していなかったので、ちょっと意外ではありましたが。母国の誇りと自国開催のチャンスにかけているのでしょう。

来年のワールドカップが楽しみですね


続いては何といってもジャパンVSアメリカ。

こちらもテレビ観戦!

ジャパンはスクラムの勝利でしょう アメリカ相手にあれだけ押すとは・・!

第3列が外国出身選手ですが、やはりディフェンスやラインアウトが安定します。本来、このポジションにも日本人プレーヤーが入れればいいのでしょうが、なかなか壁は厚いです。立川、マレ・サウ、五郎丸は欠かせない選手になっていますね。

来年のワールドカップでアメリカは同じグループ。今回勝ちましたが、来年の本番ではどうなるか?? どの国もそうですが、本番にはキッチリと仕上げてくるので・・・


さて、もう1ゲーム。

金沢で行われた早稲田VS慶応を観戦してきました

石川県ラグビーフェスティバルと春の公式戦を兼ねたゲーム。早慶戦が近隣(でもないか・・?)で観戦できるのも珍しいし、先日、上越ラグビーフェスティバルで後藤監督にお世話になったので、そのお礼も兼ねて・・・。

結果40-22で早稲田の勝利。

フランカーに転向した布巻に注目していました。確かにいいプレーもありました。あとは運動量かな・・。彼がバックスラインに入ってキックするシーンもありましたが、センター出身なので、そういう点も強みではあるでしょう!

両チームに言えることですが、ノックオンが多かった・・・ だからプレーが続かない・・。

ウォーターブレイクが入るくらいだから暑かったのか、春シーズンでまだ仕上がっていないのか?? パスが悪いのか受け手が悪いのか??

昔の選手と比較し、そういうミスが目立つような気がします 昔は皮のボールだったのに・・・

途中まで早稲田の一方的な展開になるか?と思ったのですが、終盤になって慶応が奮起し点差を詰めました。リザーブの選手が入ってから動きが良くなったと思います。マスコミの情報からしても、リザーブの選手が一本目なのかな??

目立ったのが再三ラインブレークした中村選手。一時、アメリカンに転向していたそうですが・・・。

まぁ、本番は秋です!!


ところで、今回の金沢へは、電車で行きました。

ガソリンが高い上、高速代も上がったし・・・・。おまけに一人だったので、電車が気楽だな・・との判断です。

これが大正解、なかなか良かったです

それについては後日・・・。


アーカイブ

人気記事