シーズン佳境

 

ラグビーシーズンもいよいよ佳境に


大学選手権は正月2日の準決勝進出チームが決まりました。

そのうち大東大VS慶応大のゲームをJスポーツでテレビ観戦。

準々決勝4試合の中ではこれが楽しみでしたが、面白いゲームでしたね!


大東大が連続3トライを上げた時はひょっとしてワンサイド??と思いましたが、さにあらず・・。

そこが大東大らしい・・とも言えますが・・。

そこから慶応が逆転、これはやられたかな・・と思ったら再逆転。こういう大味なゲームになるとこのチームは伝統的に強いですね!

ナンバー8 アマト・ファカタバがシンビンの間に逆転されたのですが、戻ってからも彼のプレーは集中力が欠けていました。しかし逆転、そこに底力を感じました。


その他は東海大、帝京大が強さを発揮。この2チームは大人のラグビーだな・・と思います。

東海大のアタアタ・モアアキオラとタタフの破壊力は抜群。この2人、目黒学院出身なので、毎夏の妙高での合宿に来ていたのです。当時から凄かったですが・・。大東大のファカタバ兄弟も強いし・・。

準決勝が楽しみです。帝京VS東海が事実上の決勝戦かな?? 明治VS大東も楽しみです。


トップリーグでは日曜日のヤマハVSパナソニックがナイスゲームでした。

前半はヤマハが断然リードで、これは圧勝かな?と思いましたが、パナはさすが・・でした。

大学ラグビーの次にトップリーグを観るとその差をすごく感じます。

特に接点、ブレイクダウンかな・・強さもそうですが、ジャッカルの技術、回数ですね~。

ジャッカルの後、一気に攻守が逆転するのでスリル満点、目が離せません。

本当に面白い!


今年は多忙につき、生観戦は早明戦のみ。

秩父宮に行きたいです・・。

まぁ、1月2日ゆっくりテレビ観戦もできないかな・・??






 









アーカイブ

人気記事